英語 単語の勉強法 いや、覚えるだけではあるんだけどさ

英単語について。これは覚えるかどうかが全てです。

もちろん暗記も、やたらめったら頑張るだけでは効果が薄いのですが、その辺はまたいつか記事にします。(私のブログを追い続けろ、という趣旨の宣伝です)

単語について注意してほしいのは、語源とかに振り回されすぎて、暗記を疎かにしないことです。どこぞの有名講師なんかが「単語帳を捨てろ、語源や接頭辞から考えれば単語なんて簡単に覚えられる」なんて言ってたりしますが、それを真に受けると痛い目にあいます。

確かに接頭辞(un-,de-など)の意味を理解することで、簡単に単語を覚えられた経験を持つ人は多いでしょう。ですが、そう都合よくいく単語は多くありません。単語は、語源だけを頼りに覚えるには、あまりに複雑です。まずはしっかりと単語を暗記して、そのサポートに語源を活用する、というスタンスが早道です。

こと紛らわしい単語に限っては語源を考えると確かに楽ですからね。私もadaptとadopt、depriveとderiveなんかは語源から考えることで区別しています。

とはいえ繰り返しになりますが、大半の単語は頭に叩き込むべきですよ。英単語を見て反射的にその意味が浮かぶ域に達さないと、難関大相手では、単語の語源分析している内に試験が終わってしまいます。

最後に単語帳について。これは何にしようか悩むだけ時間の無駄です。レイアウトを見て気に入ったもので十分です。同レベルであれば掲載単語に大きな違いはありませんし、どんな工夫がなされていようと、結局はその単語帳にどれだけ取り組めるかが重要です。最近流行りの鉄壁でもなんでもいいので、続けられそうな単語帳にしましょう。ですので敢えて選ぶなら、単語数が少ないのが怠け者にはオススメです。モチベーションが持続しやすい。薄いものをやりきってから厚いのに移っても、時間のロスがあるわけではないです。

受験単語は有限です。有名大を目指すなら、覚えきってからが勝負になります。

単語の暗記は決して楽しくないと思いますが、覚えていくと、長文が自然と読める快感を味わえるようになります。一定量覚えたら、昔は読めなかった長文を読んでみてください。自分の成長が分かります。その時の嬉しさが、単語を覚える動力になる。まだこの感覚を味わってないとしたら非常にもったいない。単語帳を開いてみましょう。

単語についてはここまでにします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました