英文法の勉強法 (初学者向け) 頑張りすぎると失敗する。

英文法についてですが、理解する段階と問題を解く段階の二つあります。まずは理解についてです。

 

そもそも英文法の理解は普通にやれば、数ある勉強の中でもっとも簡単だと言っても過言ではありません。

 

数学の概念ほど複雑ではありませんし、古文の助動詞みたいに暗記事項が多くもありません。

 

では、何故つまずく人が多いのでしょうか?何故仮定法は悪の権化のような扱いを受けるのでしょうか?

最大の理由は、みなさんが頑張りすぎているからです。

 

打ち間違いではありませんよ。もう一度強調すると、サボりすぎているからではなく頑張りすぎているからです。

 

中学高校の英文法は、教科書で太字になっている最重要事項を大まかに理解するだけで東大入試であっても戦えます。もちろん、willとbe going toの違いや、aとtheの使い分けを出来ることが無意味とまでは言いません。ただこれらの問題は、文法問題集などで出てくることはあれど、普通の入試問題ではまず問われません。つまり英語のプロを目指すのでない限りcan=be able toと覚えて困りませんし、無駄に頑張ろうとすると疲れちゃいます。

 

一方で英文法は、重要事項が下手な基本単語より頻出、という特徴があります。まともな受験生なら親の顔より見かけるでしょう。ですので、覚えていないとダメージが尋常じゃなくなる。

 

もうやるべきことは自ずと掴めたでしょう。テキストの重要事項だけを何度も何度も確認してください。小さく書いてある細々した知識は無価値ですから。これが分かるだけで英文法の理解については文句なしです。難解でかつ試験にも出る他の勉強をしてください。

 

英文法問題については次の記事で扱います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました