実は簡単な英作文の攻略法 自由英作文も和文英訳も

未分類

英作文の勉強法です。有名な話ですが、英作文は「英借文」だと聞いたことありません?

英作文は英文をなるべく覚えて、その表現、言い回しを借りることによって正確な英文を書こう、という意味です。

実際、例文を暗記する作業によって英作文の勉強はスタートラインに立てます。暗記する際に意識すべきなのは、英文の構造と代表的なイディオムです。

こうして欲しいのは、覚えている英文の構造、そしてどの日本語がどの英表現に対応しているかを意識することで頭に入りやすくなるからです。さらに試験で英作文の問題が出題されたとき、「あ、この部分はこの前覚えた英文の○○に当たるんだな」といった脳内の照応が起こりやすくなります。

この例文暗記ですが、英語の実力がそれなりにあり英文を自然に作れる人であれば、イディオムだけ覚えても構いません。ですがあくまで英文の基礎の方が終わった人だけですよ。入試英作では「〜といっても過言ではない」や「〜すればするほど〜になる」といった構文が頻出ですが、この種の構文は英文ごと覚えた方が楽です。

この型を覚えきってその先の細かい表現(「約束を守る」など)を暗記する際はイディオムだけの学習でも十分でしょうけど、ちゃんと出来た参考書なら、頻出の構文とイディオムの両方を網羅するように作られているので、一冊例文暗記すれば間に合います。

まずはじめは英文ごと覚えて英作してみる。そして復習する際に、英文丸ごとやり直すのは手間がかかるから出来なかったイディオムだけ確認する、構文ごと間違えていたら全文確認する、というやり方が個人的には一番おすすめです。

この辺は自分の好きなようにやってもらっても問題ないんですけどね。

あと英作文では常に言い換えを試みましょう。和文英訳は和文のニュアンスを英文で表現できれば正解です。逐語訳は求められていません。「こんな日本語の表現、マイナーすぎて英語習ってないよ」そんな不満をいうことなかれ。常に易しい日本語に置き換えて考える癖を持ってください。

自由英作文の対策であったとしても勉強法は変わりません。

自由英作の能力は二つに分けられます。

英文運用力と構成力です。

この内の英文運用力も例文暗記によってのみ鍛えられます。和文英訳と一緒。しかも自由度の高い自由英作文では、英作文暗記の即効性が強い。私も入試の直前期は英作文をひたすら覚えていましたが、50個覚えた辺りから自由英作文を作るのが楽になってきました。一週間かかるかどうかで能力が上がるとなると、お得ですよね。

二つめの構成力についてですが、これは内容のことです。巷では自由英作文に対しても論理にうるさい人がいますが、そういう声は無視してください。(東大しか見てませんが)各種開示から察するにそう厳しくは見られません。限られた時間の中、第二言語で文章を作っているのですから、そんな採点をしたら差がつかなくなってしまいます。厳密な論理性を追求する必要はありません。論理的にも文法的にも目立つ穴はない文章を素早く書く訓練をしてください。

目立つ穴をなくす第一歩は、英文自体でのミスをなくすことです。あやふやな表現は避けて自身のある表現のみを使う。ストックした英文が多ければ多いほどここが楽になるので、英文暗記は欠かしてはいけません。

論理性については、自分の書いた文章を見直す癖をつけるだけで改善されるはずです。一読して意味が通る文章であれば、本番の試験ではまず点数が引かれません。

そして自由英作文でもっとも多い悩みは間違いなく、書く内容が思いつかない、というものでしょう。

これに対してはまず、実例を入れるという対処法が考えられます。でっち上げでもなんでも構わないのでエピソードを入れましょう。「私は以前○○して××になったので後悔している。だから△△するべきだ」といったような形ですね。

それから自分の得意なパターンを持つのも有効です。自分なりの英作文の流れを持ち、隙あらばそこに持ち込もうとする。これは「自由英作文のすべて」という本に詳しいですがざっくり説明すると、多くのテーマに対して使える表現をいくつか身につけておき、その表現を使えるように英作文を作るようにする、ということです。文法ミスも防げるので一石二鳥ですよ。

とにかく自由英作文の問題を解いている内に改善されるので、問題演習量を増やすのも意識してください。

また英作文ですが、添削してもらっている人が大半でしょう。

この添削の活用方法ですが、よくも悪くもそう真剣に復習する必要はありません。ざっと見て自分のミスを確認するだけでも大丈夫です。何回か添削してもらっている内に自分の犯しやすいミスが分かってくるはずなので、そこを強く意識して英作文を書くようにしてみてください。

作業が苦痛にならない人なら、自分のミスをまとめたりするのも有益でしょう。

ともあれ間違いを直して全文書き直す、という作業まではやらなくても結構です。そこまでやっていたら時間がなくなってしまいます。

英作文は、なぜかみんな出来ないです。ですが上記の内容を意識して取り組むだけで、だいぶ変わってくるでしょう。英作文は読解などに比べて、勉強の効果が現れるのが早いです。やればすぐ点数が上昇する。

おまけに自由英作では満点も狙えるので得点効率も良いです。文法と内容に穴がなければ点数を引けませんからね。繰り返しになりますが、内容の論理もそううるさくは見られませんから、単純な文法ミスにさえ気を付ければ良いんです。

勉強しない理由はありません。頑張ってください。

英作文についてはここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました