同じ問題を何周しようか迷っているあなたへ

未分類

受験生の皆さんから、同じ問題を何周もする行為についてどう思います?この問題集は何周するべきですか?という質問をよく頂きます。

ですのでこの記事では、どのような問題は周回するべきなのか、そして同じ問題を解き直すメリットは何か、ということについて書いていきます。

反復練習が有効な問題について

最初に断言しますと、単語帳や網羅型の問題集は絶対に周回するべきです。(単語帳も赤下敷きなどを用いるとアウトプットの訓練が可能なので、ある意味問題集と言えますが)

問題を解くには、知識それ自体と知識の運用力の二つが必要になります。この知識自体がないと運用力も意味もなさないので、知識が必須なのは言うまでもないでしょう。

そもそも知識を身につけるだけでもそれなりの大学までは入れます。運用力が合否を分けるのは一部の難関大のみです。(そして難関大でも知識を問う問題はそれなりの割合を占める。)

知識を身につける重要性については分かってもらえたでしょうが、それではなぜ知識を網羅しているタイプの参考書は周回が重要なのでしょうか?

知識を身につけるに当たって最も効率的な方法は、自分の知らない知識だけを確認することですが、(すでに覚えている知識までを確認するのは時間の無駄)網羅型の参考書は1周目に出来なかった問題をマーキングすることで、自分の知らない知識だけを集めた最上の参考書となるのです。

逆に言えば、1周目で分からない問題をマーキングしないようでは周回する意味が激減するので、必ずチェックをするようにしてください。

そして網羅型の問題集で色々と手を出すのが無駄な理由もここにあります。すでに定着している知識を無駄に確認する羽目になりますからね。

以前に下の記事でも書きましたが、知識を定着させるにはアウトプットの繰り返しが不可欠です。

自分だけの問題集をマーキングによって生み出し、アウトプットの際、効率的に活用してください。

次に演習型の問題集についてです。

演習型の問題集と一口に言っても二種類に分けられます。まず教科書の傍用問題集のように似たような問題が幾つも並んでいるタイプについて。

これらは類題を繰り返し解くことによって、問題の型に体(頭?)を慣らすののが目的です。

教科書の例題のように網羅系の部分をしっかり解き込めばいつの間にか出来るようになっているので、あくまで練習用の素材として活用してもらえば結構です。

このような問題集まで何度も解き直すようだと幾ら時間があっても足りません。

そして過去問や模試の過去問のように無秩序に問題が並んでいるタイプについて。

このタイプの参考書に掲載されている問題は、一見しても解法が浮かばないことが多い。

ですがこれらを解くに当たって必要な知識は、全て知識型の問題集に含まれています。つまり、解けるかどうかは知識の運用力にかかっています。

この知識の運用力というのはですね、何よりも初見の問題に対して解法を見つけようとしようとする努力の積み重ねによって身に付けられるものです。

この理由に加えて、同じ問題を解くのが退屈に感じられる性格だったので、私自身はこれらのタイプの問題を解き直すことはしませんでした。

一方、復習の好きな性格の人もいますよね。これらの問題の場合は、反復によって頭の使い方を学ぶこともそれなりに意味があるので、気の済むように復習すれば良いでしょう。

しかし、初見の問題に当たるのが何よりも大事だということは決して忘れないでください。

では何周するべきなのか

演習型の問題は自由にやってもらって結構です。

知識型の問題集ですが、これは八割五分〜九割五分の定着するまでを目安にして欲しいです。

何周するかではなく、どこまで自分の中で定着しているかを基準にしてください。

この時、あまり完璧な出来にしようと気負いすぎないでください。網羅型の問題集に載っている知識は入試までに全て定着させるのが理想ではありますが、どんな人でもすぐに覚えられる事柄と中々頭に入ってこない事柄があります。

この自分にとって相性の悪い知識の暗記に時間を費やすくらいなら、潔く他の勉強に移行するのが得策です。時間をおいて戻ってみると、不思議と頭に入ってくることもありますし。

それにそもそも、完璧に定石が頭に入っている人なんて、理三合格者でもまず存在しません。

入試では程よく適当になるのが意外と有意義です。

最後に伝えたいこと

入試問題が研究し尽くされ、体系化されている現在では、ほとんどの参考書、問題集で取り扱っている問題にそう差はありません。

ですから、皆さんも皆さんのライバルも(まともな情報を手に入れていれば)勉強している内容に違いはあまりないのです。

勝負は、その内容をどう自分の中で消化するかですよ。

体に合うやり方は、種々雑多です。何周するかも含め、あなたなりの教材との上手な付き合い方を積極的に模索してみましょう!

ブログの内容に賛同してくださったなら、ぜひ下のボタンから拡散して欲しいです。記事を書くモチベーションになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました